イタリアのピエモンテ州にあるバローロ村周辺から造られる赤ワインで

「ワインの王様、王様のワイン」と呼ばれていて、とても重厚なワインに仕上がっています。

 

バローロを選ぶ際にどんな年が当たり年なのか気になってします時がありますよね!

そんな時に役だってくれたらな~と思います。

 

どうぞご参考になればと嬉しいです。

 

 

 

Baroloの当たり年は?

 

ピエモンテ州のワイン生産者達は1970年代以降、品質競争で優位にあるフランス、アメリカを追いかけるかたちで、近代的醸造技術の導入により高品質ワインの製造に乗り出した。

このタイプのワインは、アメリカで好評を博したのを端緒に、国外市場において高値で取引されるようになり、経済的動機によって追従する生産者が増えた。その結果、同じくバローロを称するワインに新旧のスタイルが入り乱れる状態を招いた(バローロ戦争)。

wikipediaより

 

 

ワインの評価について

 

近年のワインは100点満点方式で

古いワインや評価データが無い年代については☆で評価になっています。

 

☆のマークの評価は村別での評価データがない状態ですので

ボルドー全体とソーテルヌ地区の2つに分かれての評価となりますのでご了承ください。

 

評価の基準
☆☆☆☆☆傑出している (収穫状況及び、ワインとも)
☆☆☆☆非常に良い
☆☆☆良い
☆☆まあまあ良い
あまり良くないが、悪くもない
悪い、情報なし

 

 

バローロ

ヴィンテージ・チャート

評価点
2017年未発売
2016年未発売
2015年☆☆☆
2014年 ☆☆☆
2013年 ☆☆☆
2012年☆☆☆☆
2011年93
2010年98
2009年90
2008年93
2007年97
2006年97
2005年93
2004年96
2003年90
2002年76
2001年96
2000年91
1999年95
1998年92
1997年93
1996年97
1995年87
1994年77
1993年91
1992年74
1991年76
1990年96
1989年97
1988年90
1987年86
1986年90
1985年95
1984年65
1983年75
1982年96
1981年80
1980年88
1979年90
1978年97
1977年 ☆☆
1976年☆☆
1975年☆☆
1974年☆☆☆☆
1973年☆☆
1972年
1971年94
1970年93
1969年 ☆☆
1968年
1967年☆☆☆
1966年
1965年
1964年☆☆
1963年
1962年 ☆
1961年 ☆☆☆☆
1960年
1959年
1958年☆☆☆☆
1957年☆ ☆
1956年
1955年☆☆☆
1954年
1953年
1952年☆☆
1951年☆☆
1950年
1949年
1948年
1947年☆☆☆☆☆

 

スポンサーリンク

バローロの概要

 

生産国: イタリア

生産場所: ピエモンテ州バローロ村

ぶどう品種: ネッビオーロ種

格付け: DOCG(1980年7月1日 )

 

 

バローロのグレートヴィンテージ

95点以上の年代

  • 2010年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2004年
  • 1999年
  • 1996年
  • 1990年
  • 1989年
  • 1985年
  • 1982年
  • 1978年

 

ワーストヴィンテージ

 

  • 2002年
  • 1994年
  • 1992年
  • 1991年
  • 1984年
  • 1983年

特に1984年が65点でワースト1

 

 

まとめ

 

イタリアのバローロワインの当たり年の年代を書いてみました。

点数や評価はあくまでも他者の評価ですから

一番は自分で飲んで確かめるのが一番です。

 

 

しかし毎回、買う事ができないし知らないワインを選ぶには専門知識も必要になりますので

こういったヴィンテージチャートをうまく利用してもらえたらワインも違う形で楽しむことが出来ると思います。