メゾン・アンブロワーズは1987年にプルモー・プリセに設立された。
当主のベルトラン・アンブロワーズはリヨンの出身で
ブドウ栽培やワイン醸造とは無縁の家柄だった。
教師の勧めでボーヌの醸造学校に入学。
ワイン造りを学んだ後、外国で暮らそうと考えていたが、そこで知りあった女性が妻のマルティーヌ。
義父の跡を継ぐ形で、このメゾン・アンブロワーズを興したという。
新参者ながら、プルモーの村議を20年、村長を7年務めた人格者である。

ベルトラン・アンブロワーズの畑の特徴

21haの畑をビオロジックで栽培し、2013年にエコセールの認証を取得予定。
ドメーヌではなくメゾンなのはネゴシアンだからだが、
実際のところ、現在、買いブドウによって造られているのは
ラドワ1級のグレションとムルソー1級のポリュゾのふたつのみ。
所有する17ヘクタールの地所はACブルゴーニュが3分の1
それにニュイ・サン・ジョルジュ、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュを中心に
グラン・クリュのコルトンも擁しています。

ワインの特徴

以前のアンブロワーズのワイン造りは、樽香の強さで賛否を分けたが、
現在は樽の大きさを400リットルの特注サイズにし、樽の影響を抑えブドウ本来の香りを引き出し樽の香りとバランスをよくした造り方になっている。
例えば白の場合、ラドワ1級グレションで70%、ムルソー1級ポリュゾ、
ニュイ・サン・ジョルジュ1級テール・ブランシュで
100%という高い新樽率にもかかわらず、上品な品のあるスモーキーな印象
かつてのカリフォルニア産シャルドネのようなオーバーオーキーな
印象がなくなったのは大きな進歩といえるだろう。
一方、果実味の凝縮感に溢れるスタイルは従来どおり。

樽香が抑えられたことによって、よりピュアなフルーツを堪能できる。

 

 
長女のリュディヴィーヌ、長男のフランソワがベルトランを支えるようになり、
次世代へのバトンの受け渡しも進んでいる。
一部の親しみやすいワインに、開けやすく飲み残しの保存もしやすい
スクリューキャップを導入。新しい試みにも果敢に挑戦している。
スポンサーリンク




アンリ・ジャイエの血を受け継ぐベルトランのワイン

アンリ・ジャイエの後継者の
ドメーヌ・ショパン・グロフィエのダニエル・ショパンに師匠に
ベルトランのワインは、骨組みもしっかりしていて筋肉質
タンニン豊富でありながら、まったりしていて飲み易い味わいです
白も樽発酵させ、バトナージュもしっかりおこなうので
濃密な味わいに仕上がっていて
新樽の風味が横溢する飲み応えのあるタイプです。

ベルトラン・アンブロワーズのテイスティング

生産国: フランス
生産地: ブルゴーニュ
畑名:  オート・コート・ド・ニュイ
生産者: ベルトラン・アンブロワーズ/Bertrand AMBROISE
本拠地: ニュイ・サン・ジョルジュ
容量:  750ml
ブドウ品種: シャルドネ100%

 

 

ベルトラン・アンブロワーズ ブルゴーニュ・ブラン

NEC_0127.jpg

 

外見: 

黄色がかった若々しい淡いイエロー

 

香り: 

柑橘系の香りが感じられ、レモン、リンゴそしてハーブが漂い
杏仁やバターのようなやわらかな香り味わい: 柔らかい酸味なめらか果実で
しっかりとしたボディで余韻も長い

 

あまり冷やしすぎないで
ゆっくりと楽しんで欲しいワインです
いろいろと違う顔がみえてきます。

 

スクリューキャップのワインとは思えません!

 

 

当初は、リッチで樽香のしっかりした濃厚なワインの造り手でしたが、
近年は、艶やかで、洗練された、エレガントなスタイルのワインに
変わってきていますね!

 



ブルゴーニュ シャルドネ


楽天でベルトラン・アンブロワーズを探す

アマゾンでベルトラン・アンブロワーズ探す

 

ブルゴーニュ・ブランでこの味わいですから、上級の畑のワインだともっとエレガントなのでしょう!

 

アンリジ・ャイエ→ ダニエル・ショパン→ ベルトラン・アンブロワーズ

 

ダニエル・ショパンの弟子ですからアンリ・ジャイエの孫弟子になり今後もっと値段が上がる可能性がありますよね、ベルトラン・アンブロワーズのワインを飲んでみても十分な評価が周りからも伺えます。

値段が上がる前に飲んでみてはいかがでしょうか?

 


 

ベルトラン・アンブロワーズのネットの評価レビュー